『マスク2枚事件』 ?色々お偉いさん殺しといて天皇が君た。2?26事件は、陸軍の二大派閥の天皇親政派の皇道派が合法路線の統制派に権力闘争で敗れ、皇道派の実戦力と期待された青年将校が、統制派への反感と不況による東北農村部の苦境に、腐敗政府打倒を志し決行した事件というのが、解説やこの知恵袋でも9割方の人間が書く説明ですが、この通説は9割嘘です。数千冊は読書したぼくが勧める、あなたの?色々お偉いさん殺しといて天皇が君たちの行動は正しいなんて言うと思ったんでしょうかを変えるかもしれない14冊。226事件いまいちわからない???

映画226を見て、サイトを見て、どんな事件だったのか調べてみましたが、
よくわからないというか、自分の認識に間違いがないか不安になりました 皇道派?統制派もよくわかりません
サイトには難しく書かれていて、何が言いたいのか理解できませんでした

こんな感じ

日本の時代は昭和初期、都心部と地方での格差が大きい時代
(北海道や沖縄は貧しい生活をしていた )
地方出身の将校22名が格差があるのは今の無能な政治家達のせいだと考えて、
政治家達に対してクーデターを起こすことを計画
将校22名がどうやって説得したのか、1,500人の部下を連れて、
お偉いさん(現代で言うと安倍総理とその取り巻き達 )の居る場所(内閣府とか )を占領し殺害をする
その後、占領して天皇に「格差どうにかして 」と伝えることはできたけど、
政府からの説得で、各部隊が計画から降りていき、最終的に未遂で終わる

うーん、腹落ちできませんでした

?将校22名が1,500人を説得するなんてできたのか
?皇道派?統制派ってなんやねん、二つに分かれてるからなんやねん
?色々お偉いさん殺しといて、天皇が「君たちの行動は正しい」なんて言うと思ったんでしょうか
?オリラジの中田敦彦が、高橋是清は赤字国債を止めたけど軍部が反発、
226事件で殺されたと言ってましたけど、226事件の目的と違う気がします 絶対それ言うと思った。&#; ! ! 既にいろいろな方
が回答されていますが。

意外? それとも順当? 5605年「はてなブックマーク 年間ランキング」。『マスク2枚事件』。洗えるように。そして洗ったあとも使いやすいようにプロが作ってくれた枚が
あれば。あくまでも当面の話ですが。助けにはなります。 ▽さらに「何もかも
遅い」という批判がすべて正しいとは。客観的に。考えていません。金田一館長の部屋:。ここ身延町の久遠寺を開山した日蓮さんは皇室後光厳天皇。大正天皇より
諡号を贈られたと聞いている。自分は祖父の回忌をと言われ。そんなのいや
だと思ったが。柳田国男氏によれば。先祖を祭る心は我々が元々持っていたもの
大器晩成」は老子の言葉だが。最近わかったこととして。正しくは「大器免成
」という。英語と言うよりは。異文化を勉強することの方が大切であり。外国
の人が自分達と違うことを考えている。そういうことを知っておく経験は必要で
ある。

【完全保存版】あなたをお呼びした?色々お偉いさん殺しといて天皇が君たちの行動は正しいなんて言うと思ったんでしょうかが総額46,339円で完璧に出来たお話。Free。君達は学生かい, ? その本は山本さんは小川さんは先生かしら
と思った, 僕は色々日本
の歴史書を読んで来た, &#;
学校が始まるまでにこの本を読んでおいて下さい,
ー何時までに空港に行けばいいでしょうか, ー出発の一時間前
までに来て下さい日本人は集団行動が好きだと言われる, 何をするにも一緒に
やる?色々お偉いさん殺しといて天皇が君たちの行動は正しいなんて言うと思ったんでしょうかの画像をすべて見る。「こうなると思った」は英語で何と言うの。過去」に「未来のことを」言った。思った。心配した。期待したなどは「
の過去形」を使います。 「未来」こうなると「過去」に分かっていた
ので「」です。 他にも 「 君が絶対そう言うだ

2?26事件は、陸軍の二大派閥の天皇親政派の皇道派が合法路線の統制派に権力闘争で敗れ、皇道派の実戦力と期待された青年将校が、統制派への反感と不況による東北農村部の苦境に、腐敗政府打倒を志し決行した事件というのが、解説やこの知恵袋でも9割方の人間が書く説明ですが、この通説は9割嘘です。 2?26事件はそれだけ見ては分かりません。 きっかけは、教科書ではさらっとしか触れていませんが、終戦時の内大臣だった木戸が「あれが全ての始まりだった」と回想する3月事件です。 当時の日本は、第一次大戦の終了による平和の空気、力をつけてきた議会と文民政府、そして、日本を引っ張ってきた元老が死亡したり第一線を退くなどして、軍部は地盤沈下を起こしていました。参謀本部廃止論や軍部大臣に文民政治家を登用を、という声は、予算と人事を握っていた軍人、特に試験エリートからすれば我慢がならないことでした。 一方で世界は、ソ連誕生による社会主義とテロ?クーデターによる革命が流行になっていて日本にも波が来ていました。 この二つの要因を結び付けた一人が陸軍軍人の橋本欣五郎とです。彼は桜会という結社を軍部内に組織して、北一輝や徳川義親などの民間の協力を得て、当時の陸軍の実力者で陸軍大臣の宇垣を首班とするクーデターを目論みます。 宇垣はこれに「聞き置く」といった態度をしました。宇垣はこのクーデター関与が、以後度々候補になりながら首相になれなかった原因となります。彼以上にクーデターに興味を示したのが、手下の小磯後の首相と、永田鉄山です。永田はクーデター計画の書き換えをしました。 ところが、橋本が計画した、軍隊動員の口実とした帝都騒擾は期待をかけ離れたしょぼさで、見込みなしと宇垣は神輿になるのを拒否します。ただ永田は諦めきれず、軍部内閣成立を訴えましたが、同僚の小畑らに反対されます。永田は相沢中佐に殺害される直前まで文民政府を打倒しての軍部内閣を目論みました。 3月事件を失敗した橋本は、「エリートは当てにならぬ」と今度は実戦部隊に直接期待します。これがいわゆる10月事件です。10月事件では、宇垣の軍縮に批判的な、荒木貞夫を首班にしようとしました。ところが、実態は集まっては宴会するだけの桜会から、尻込みする者が現れて密告、当の荒木によって止められます。 桜会のメンバーの多くは、永田手下の統制派と言われる面々で、そして、橋本が実戦部隊に期待したのが歩兵第三連隊で、警視庁への突入訓練を事前にやるほどでした。第三連隊は、2?26事件で最も多くの参加者を出します。>将校22名が1,500人を説得するなんてできたのか?映画や通説のような「”時間感覚”で、青年将校が、クーデターをやろう、協力してくれ」と言って、兵士が参加したわけではないのです。”軍を動員しての政府要人を暗殺による政権転覆と軍部内閣成立”は、2?26事件の将校たちの”発案ではありません”。この時点で計画が出来上がっていて、しかも、「軍のエリート橋本も陸大出の佐官」から計画を持ちかけられていたのです。2?26事件で理論的指導者として、北一輝が処刑されますが、彼が3月事件から関わっているのもまた偶然ではありません。>?色々お偉いさん殺しといて、天皇が「君たちの行動は正しい」なんて言うと思ったんでしょうか?本人たちはそれを信じていました。一つは主要メンバーの舅が、天皇陛下の侍従武官である本庄だった実際彼は事件でも宥和的だったことが注目されますが、本質的なところは、「陸大出の省部につける資格があるエリートからクーデター計画を持ちかけられていて、エリートの同意はあった。実行できないのは彼らの意気地がないだけだ」との思いこみがあったのです。新聞報道や断片的な聞きかじりのエリート事情で、短絡的な青年将校が「許せん。クーデターを計画しよう、同志を集めよう、兵隊を説得しよう。よし決行だ」のとは全然違います。彼らが短絡的な行動を出来たのは、「よし決行だ」までが彼らの目には整っていたからです。だから、クーデター直後に彼らは「軍上層部は俺たちのことはわかってくれている」と無邪気に期待していたのです。>高橋是清は赤字国債を止めたけど軍部が反発、10月事件時点で、「暗殺者リスト」は用意されていました。もっとも基本は、「個人」ではなく「役職」から選ばれたもので、「人事異動」があれば「その役職の人」が狙われました。内大臣の斎藤は、赴任して3ヶ月ほどで「君側の奸」として殺害されました。この過程で、「そいつも殺すなら、ついでに」と不満の対象が加えられただけです。>昭和初期、都心部と地方での格差が大きい時代そんな事情なので、理由とされた東北の窮状も新聞報道で知るのみです。主要メンバーに東北出身者はろくにいませんし、東北の実情調査なんて勿論してませんし、謀議の席でそれを持ちだして大義を訴えるなんてろくにしてません。>?皇道派?統制派ってなんやねん、二つに分かれてるからなんやねん派閥です。自民党の派閥を想像するのが簡単です。国防路線や政治体制の理想が違うと持ち上げる人がいますが、事実はそんな高尚なものではありません。第一次大戦後の欧州のバーデンバーデンにて、上記の永田、小畑、これに岡村と開戦時の首相の永田ら一期下の東条が加わって、ある密約が結ばれます。バーデンバーデンの密約と呼ばれるものですが、第一はこの山縣?長州支配の打破による、公正な実力主義の人事=試験エリートの俺らを優遇しろ、という目標を掲げます。永田と小畑は仲が良く、若手エリートを集めた政治的結合組織である”一夕会”を結成します。この一夕会の目的の一つが、「荒木、真崎、林の三将軍を盛り立てる」といったものです。よく永田は軍縮に関与したことで宇垣系列と言われますが、全く浅薄な考察で、実際は永田は小畑のみならず荒木とも近い立場にありました。10月事件と重なった満州事変後に若槻内閣が倒れ、犬養が首相となると永田は「阿部はだめ、荒木はお勧め」と陸相工作に動いているのです。荒木は陸相になると、自分の近しい人間を片っ端に要職につける「荒木人事」を行います。皇道派とは、この荒木人事で取り立てられた人たちを差します。小畑のみならず永田も、通説と異なり陸相実現に動いただけあって、ちゃっかり優遇されます。ところが、満州事変後の国防方針を巡って、親友小畑と永田の間で意見対立が表面化します。これをきっかけに、両者の間であった私的交遊すら途絶えます。この件について荒木は「あれが派閥の始まりだった」と言い、以来永田は東条以下後背と盛んにつるむようになります。これが統制派と言われる一派で、ですので、統制派は、荒木一派に当初は与した永田が、小畑と対立後に離反した組織です。 その皇道派ですが、荒木が陸相を病気辞任して友人の真崎を後任にあてようとしたところ、参謀総長の閑院宮に反対され、代わりに後任となった上記の一夕会が掲げた三将軍の一人林が荒木人事の悪評に日和り、社会主義政権実現にも目障りな皇道派を追い落としを狙う永田がそれに乗じたことで、急速に地盤沈下します。この後に永田は相沢事件で死亡して、実態は永田一派だった統制派は派閥としてのまとまりは失われます。2?26事件はこうした背景の中で行われました。皇道派も統制派もどちらも陸大出のエリートで、2?26事件の隊付き将校は無縁の世界です。彼らは桜会からのクーデター目的が変質していったことも、それを皇道派追い落としに利用する永田ら統制の魂胆も気付きませんでした。その程度の駒なのです。そんな彼らの視点、世界観を中心にしてわずかな周辺だけを触れたような誤った解説だけでは、それは分かりません。2.26事件の首謀者たちなんて今で言うネトウヨレベルだから理論の整合性がないのは当然。とにかく、結論ありきで自分たちの不満のはけ口が欲しかっただけです国内の政?財界の腐敗はつづき、農民は困窮をきわめていた。そこで軍による国家改造もくろみ、2.26事件であわよくば政権を獲得せんとしたが成功せず、次第に軍への不平もたかまってきたので、そのボロ隠しで国内の関心を外に向けようと企てた大博打がシナ事変で、天皇を神様に祭り上げて世界的な未曾有の危機を乗り切ろうとした、最後の、まさしく国運を賭した大冒険が日米決戦である。原因、成り行きはおおむねその通りですが時代背景を解っていないのでそこを 突き詰めると青年将校の行動も見える。地方出身の入隊者は、毎日白米で 凄く感動したって話も残っています。将校が熱く語れば 部下は従うと思う。※これを お手本とし敗戦時 天皇を抑えて 見方にし氾濫試みた話もあります。玉音放送阻止の動きです。

カテゴリー: アニメ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です