あとNISAは現在非課税ではありますが5年後には非課税で。NISAは積立金が税金控除されるので、節税しながら投資できる点は良いとは思いますよ。NISAの積立ってどうですか

この前口座開設をしてきたのですが、すごくNISAをお勧めされました 実際にされてる方、メリット?デメリットを教えて下さい

あと、このNISAを勧めるにあた り、銀行側にはどんな利益があるのでしょうか

あと、NISAは現在、非課税ではありますが、5年後には、非課税ではなくなると聞きましたが、本当ですか

NISAは積立金が税金控除されるので、節税しながら投資できる点は良いとは思いますよ。普通の投資と比べて税金面で優遇されているのが明確なメリットでしょうデメリットは途中で出金できないことあとは個別銘柄投資とかはできないので、選択肢が限られていることでしょうか投資で増やしたいというのなら自分で銘柄選んで投資したほうが良いでしょう節税しながら老後の蓄え~くらいの考えならNISAも良いと思います増えるリスクがあることは、歴史がしょうめいしてます。かつて損はしてなく、大きく増えています。リーマンショックなど痛手にすらならなかったということ。銀行の利益は手数料です。当然ですが、金融庁が指摘することで、マイナスにとらえがちです。当たり前に過ぎない。運用にてを出す自己責任です。NISAは終わる予定ははなからその方向ですが、変わりに積み立てNISAが去年登場してます。リスク管理が出来れば、デメリットなど損失の期間があるだけに過ぎません。大きく投資して損をするのは、個人が背負うのは当然。何にも知らないひとや、子供がしゃしゃりでて、損失を金融機関になすりつけようとするのは、幼稚園なみです。 運用していれば、みな大きな儲けを自然に手にしているのが、真実です。初めから脱線してすみません。NISAは失敗していないし大損なんてしていません。NISAが広まらなかった理由は私の意見ですが投資信託だけでなくETF、株式など対象を広げすぎて初心者向きにならなかった。そして投資特に株式に対して日本人には「株を買う=借金」というイメージがあるという事です。よく株をしていて財産を失ったという話は世間ではよく言われる話です。それに日本では学校で金融の授業を行わないので「投資は怖い」という人が多くいます。ほかの人が大損したとの調査結果が出ていると書いてますが経済が悪くなれば株や地価の下がるので損失になる可能性が高いです。逆に経済が良くなれば利益になる可能性が高くなります。要するにどこで区切りをつけて記事にするかです。それに損失を出したという記事は書くけど利益が出たという記事は新聞社は書きません。例えば、年金の運用をしている独立行政法人が何兆円の損失を出したので政府が悪い、と記事に書きましたが翌年に何兆円の利益になったのにそれについて記事になりませんでした。NISAに関しても同じで10年後を目標にしてNISAを利用してるのに途中でで損失がでてるからNISAは「悪い制度だ」なんて言われても見当違いです。話が脱線しましたが銀行がNISAを勧める理由は投資信託を購入させて販売手数料を設けるためが1番の理由です。投資信託には手数料が無料のものもありますが銀行で相談すると手数料のかかるものを勧めてきます。あと、信託報酬から事務手数料がもらえますNISAとは1年間に120万円まで株式や投資信託などが購入出来てそれが5年間続けられる制度です。5年間なので120万円×5年で600万円まで投資できます。NISAのメリットは利益が非課税という事です。100万円もうけても税金はかかりませんデメリットは損失が出てるときにNISAの期限が終わるとその時点から新たなスタートになることです。例えば1万円で購入した株式や投資信託などが5年後に終了時点で9000円だったら9000円で購入したものとして扱われます。そのため仮に1万円で売却できても1000円の利益とされ約200円の税金がかかります。ただし、NISAにはロールオーバー制度があり6年目に1年目のNISAで購入したものを移行できます。移行するものが120万円を超えているとその時はNISAで何も購入することができません。100万円なら残り20万円分だけ購入できます。しかし、NISAは2023年までの制度なので今年購入したものはロールオーバーができません。あとは損益通算ができないことです。だらだらと書きましたが最後に質問者さんにはNISAより積み立てNISAのほうが良いと思います。誰もが知る経済学者?か、ジャーナリストが、バラエティーラジオ番組で、言ってたのをうろ覚えで書きます。NISAは、鳴り物入りで、導入?推進した割には失敗し、具体的な金額は忘れましたが、一周回って、笑い話ですか?って皮肉られるくらい、大損失。つまり、国民が損をしている調査結果が発表されている。経産省主導の事業って、トンチンカンだったり、民間のアイデアを後追いでパクリ自分の手柄みたいにしたり、でも、それすら失敗し、国民が納めた税金を赤字穴埋めに投入したりと、いつも残念な事をしている。とのこと。で、これまたうろ覚えだから、正確な名前、内容は忘れたが、NISAの失敗を隠すために、更に何か次のナンタラを始めて再び国民を欺こうとしてるらしいから、御用心を。

カテゴリー: 就職

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です