光害って何 もし宇宙の黒色がなんかに反射して見えているな。絵の具の三原色と光の三原色は異なります。急がばまわれ式?堅実で一番効率的なもし宇宙の黒色がなんかに反射して見えているなら私達には見えない透明の壁的なものに反射しているのでしょうかの勉強法【悪用厳禁】。なぜ宇宙は真っ黒なんですか 黒っていろんな色が混ざった色じゃないんですか もし宇宙の黒色がなんかに反射して見えているなら私達には見えない透明の壁的なものに反射しているのでしょうか 光害って何。せっかく記事を開いていただいていきなりで悪い気もしますが。窓の外の空を
少し見上げてみてください。私たちは宇宙を地球の大気越しに見ています。
大気や大気中に浮遊している細かい物質は透明なように見えて。なにか強い光源
があるとその光を散乱?反射し。空今が昼ならば太陽が。今夜月が出ている
ならその月が空を照らし。暗い星の光をかき消してしまいます。たかが光
なのに。そんなに気するほどのものなのか。と思う方もいるかもしれません。

超低反射膜付ガラス。見えないガラス 反射や映り込みをほとんど感じさせない 見えないガラス? 世界
中で。様々な形や用途で使われているガラス。一般的に。ガラスは透明で。反射
や映り込みがあるものという印象です。 しかしときには。例えば。美しい景色
を窓越しに見ているとき。美術館?博物館で絵画や美術品を見ているときなど。
日本電気硝子は。た見えないガラス? 一般的なガラスの視感反射率人が
感じる反射率は片面%程度。これからも。社会に新たな価値を提供して
いくためにもし宇宙の黒色がなんかに反射して見えているなら私達には見えない透明の壁的なものに反射しているのでしょうかの画像をすべて見る。

絵の具の三原色と光の三原色は異なります。絵の具はいろいろな色を混ぜるほどに黒に近づきますが、光は混ぜるほど白に近づきます。宇宙が黒いのはその方向から目に入る光がない又は非常に微弱だからです。なぜ宇宙は真っ黒なんですか?地球に星の光が届く範囲では、宇宙を埋め尽くすほどの星が存在していないからです。地球の昼間が青く見えるのは、空気の分子が太陽の光の青色を反射しているからです。 そして、空気の密度は濃く、空間の隙間が全て埋め尽くされたように分子が重なって見えるほどの量があるので一面に青く見えるわけです。>黒っていろんな色が混ざった色じゃないんですか他の回答者の通り、光の場合は何も混ざっていない状態が黒に見えます。黒=光が出ていない場所=何もない場所 です。>透明の壁的なものに反射しているのでしょうか宇宙には果ても壁も存在しません。地球の夜も黒い笑ですが何も 混ざってないです。おいおい、色の三原色と光の三原色を混同してないかい?それと、色と光の三原色と宇宙空間の放射光とを!色の三原色は、物質が吸収して反射した波長の色の混合で、プリンタ的には青緑C:シアン、赤紫M:マゼンタ、黄Y:イエローの混合、絵の具で教わってきた色では、青、赤、黄の混合で黒、でしょ。まあ、三原色をすべて吸収するから黒になるってことやったよね。光の三原色は、物質が放射する波長の色の混合で、赤R?緑G?青Bの混合で白無色、でしょ。まあ、色調認識する三原色のすべてが放射されているから、合わせて白無色に感じるってことやったよね。逆に言えば、どの波長の放射もなければ、黒になる。物体、恒星や星雲の色は、可視光域において、全波長で放射している色=白透明、と、まとってるガスの吸収波長の色と、放射の中心域が紫外域か赤外域かによる色と、に、接近してきてると青方偏移、離れて行ってると赤方偏移、が合わさったもの。一方で、宇宙空間の色は、何の物質もなく、したがって放射光もないから、黒でしょ。実際には、宇宙背景放射があるけど、波長が遠赤外線まで長くなってるから、可視光域を外れているから、目には見えないけど。恒星や星雲の光を散乱させる物質もほとんどないから、黒いまま。絵の具のような「加色」の場合は混ぜるほど黒に近づいていきますが、「光」の場合は光が明るいほど「白」に近づいていきます。宇宙が「黒く」見えるのは光が少ないからです。黒というのは、いろんな色が混ざった色ではありません。まったく何の色光もない色です。実は宇宙が黒いというのは、有限の宇宙の光しか我々の目には入っていないということを意味しています。宇宙には星光のもとが無数にあります。もし無限の宇宙の光が我々の目に入っているのなら、宇宙は無限に明るいということになります。現実はそんなことはないので、有限の宇宙の光しか我々の目には入っていないということです。

カテゴリー: アーティスト

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です