憲法改正の課題 何故憲法九条を変えたがっているんですか。俺が思うに、憲法9条は表向きだな。84年勉めて幹部もやった何故憲法九条を変えたがっているんですかを辞めることになったので、愚痴る。【保存用】。何故憲法九条を変えたがっているんですか なぜ日本は憲法第9条を破棄できないのか。新型コロナウイルスの感染が広がる中。安倍首相は憲法第条を残したまま自衛隊
の存在を明記するという改訂案を表明した。この裏には。アメリカによる日本
封じ込めの思惑がある。「緊急性も必要性もない」のになぜ。自衛隊は平和国家の象徴で。国民の祈りを背負っている」。自民党の保岡興治?
憲法改正推進本部長が語った「改正の理由」とは。なぜ憲法9条改正が必要なのか。秋の総裁選は安倍総理が優勢~憲法条改正に期待憲法改正~そもそも条に
明記されている改正条項後。年後の日本や世界を想像できるはずがない
から。ちゃんと憲法そのものに「時代に合わせて。国家が危機を迎えたときに
変えてください」と条にあるわけですから。憲法で。みんなで一緒に読み
たいのは。条もある長い憲法の内で。「国民をどうやって守るのか?

5473円台で飲める、本当に美味しい何故憲法九条を変えたがっているんですか。憲法改正の課題。我が国の防衛に重要な問題がある時期に。何故。「憲法条に自衛隊を明記」する
憲法議論を行うのか。私には阪田雅裕は。「今の自衛隊を変えずに発議するの
ならこうなるのではないか。という発信をもう少ししていただきたいと私は思い
ます。だから項項が残っていてもその意味がなくなってしまうんですね。憲法9条ガチで議論してみた。戦争をせず。戦力を持たないことを定めた憲法9条。それを変えるかどうか。私
たちが判断する時が来るかもしれません。今の国会でその改正議論が本格化する
中。先週。東京都内で賛成。反対の立場の市民が集まり。いわばこれでわかる「憲法9条」の本当の論点?なぜいま「改正」なのか。他方。問題になりそうなことは避けたい。という気持ちが。政策執行側になかっ
たとは言えないだろう。そこで要領を得ないやりとりが。延々と続いていくこと
になる。 本来。憲法条項の解釈が不明瞭なまま。

憲法改正なぜ改正するの。また。具体的にはどの条文が議論されているのでしょうか。なぜ憲法改正の
議論がされているの? 具体的にはどこがどう変わるの?~自民党の改憲項目~;
改憲項目 ① 自衛隊を明記する憲法条項; 改憲項目 ② 参議院銀選挙での
「合区」を解消する; 改憲項目日本国憲法は年に施行され。以来その文言
が度も変えられることなく現在に至ります。あわせて読みたい教えて。教えて!憲法 基本のき。6 二度と戦争をしない――。日本国憲法の三大原理の一
つ。平和主義をうたった前文の理念を実際にかたちにしたのが9条だ。1項で「
戦争の放棄」を。2項で軍隊を持たない「戦力の不保持…

俺が思うに、憲法9条は表向きだな。本当は「国民主権」「基本的人権」「平和主義」を憲法から削除したいのだと思います。安倍政権が言っているのは、自衛隊の違憲論議を終わらせる為と言っていますが、既に自衛の為の戦力は国際法でも認められていて、合憲と解釈されているので不要な事です。実際の目的は集団的自衛権の行使で、今まで派遣出来なかった戦闘区域にも自衛隊を派遣出来るようにする事です。地域の不安定化が収まらないからです。9条+アメリカの朝鮮半島不介入の談話により朝鮮戦争が起きた。すでに憲法9条により数百万に及ぶ犠牲が生まれているのですよ。今アメリカの戦力は相対的な低下が確実となり、それを見越して北朝鮮は核兵器やロケットの開発を急いでいる。日本が9条を放置し続ければ再び朝鮮戦争により数千万の犠牲が生まれることになるでしょう。貴方の言う平和とは日本さえ戦争していなければ平和なのでしょうか?私は近隣諸国含めて平和でなくてはならないと思いますが?日本オンリーではドナルド?トランプと同じですよ?まあ??歴史修正主義者である、安倍晋三さんが率いる現内閣と自民党は。。過去に示された国内の歴史も変えてしまいたいって事はあるでしょうが。。2004年小泉政権の時に衆議院は憲法調査会で一定の見識を示してますよ。それによると、アメリカの圧力です。また、、この圧力に負けると、さらなる軍事的要求をアメリカは強めるであろう予測もされています。『2、冷戦の激化とアメリカ側の再軍備/改憲要求?「米軍指導下の日本人部隊の育成」と改憲の要請 冷戦と朝鮮戦争で、1946 年の日本非武装化方針から、改憲して反共同盟国として再軍備させる方針に転換「1946 年のアメリカの方針」だった第9 条が、「1950 年のアメリカの方針」である再軍備要請の桎梏にアメリカ政界から再軍備要請とともに、朝鮮戦争に日本部隊投入要求や、改憲要請が出る』まさに??歴史的事実はその通りですね。米軍駐留への経費請求思いやり予算湾岸戦争での戦費要求。PKOへの派兵要求。有志連合ソマリア沖海賊への派兵要求。思いやり予算5倍要求年間約1兆円。有志連合ホルムズ海峡への派兵要求。主権を回復させ、米国依存状態を同等な協力関係にする為です。日本の国防は憲法9条に拘束されている為、大部分を在日米軍に依存せざる得ません。実際、在日米軍が7割で自衛隊が3割というのが実情のようです。近年、米国も他国への駐留を疑問視する世論も上がっており、日本もいつまでも米国に依存しているわけにはいかないでしょう。手遅れになる前に、日本は自前の軍隊を整備して、他国に依存しない国防を検討する時期に来ているのです。又、もし軍隊を持つことが出来れば、米国以外とも軍事同盟が組めます。フィリピンやベトナム、インドと組んで中国包囲網を組んだりウクライナやジョージア、トルコと組んでロシア包囲網を組んだりNATOに加盟する事だってできます。さらには喫緊の課題であるホルムズ海峡の警備だって、問題なく出来るようになるのです。はっきり言って憲法改正国防軍の明記はメリットばかりです。自衛隊の明記であるなら現状維持ですが??一言だと威圧感を与えるですかね。えーと皆さんご存知の通り、自衛隊は何処まで言っても自衛しか出来ませんよね。それでは責められた時防御できません、そこで改正して何時でも何時でも応戦出来るようにする。之が改正だと私は思っています。今のままだと相手から舐められてしまい、韓国の様に無理難題を押し付けられる心配が多々有るからだと思っております。もし我が国に戦力が整って居ればひょっとしたら今の韓国の自体は無かったかも知れませんね。先日証明されたじゃないですか。北朝鮮程度の軍事力の国でもミサイル特化されただけで日本は日本人の命と財産は守れないと。国としての責任を取れないから変えなければならないのですよ。変えるのではなく、自衛隊は合憲と付き加えるだけです。違憲という憲法学者がいますからね。日米軍事同盟を血の同盟に完成するためですよ。集団的自衛権が一部しか今、できません。フルでできるようにしたいんです。日米軍事同盟。これが改憲の動機、目的、理由のすべてですよ。僕が嫌なのは専守防衛という消極性の顕れがなんか嫌だからなんか前向きじゃあない感じが嫌だから

カテゴリー: 就職

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です