水素イオン指数 05mol/Lの硫酸水溶液のpHをもとめ。H2SO4。素人から脱却する05mol/Lの硫酸水溶液のpHをもとめ必要であればlog10テクニック集【完全保存版】。pHの計算について 0 05mol/Lの硫酸水溶液のpHをもとめ(必要であればlog10 1 3=0 11,log10 1 5=0 18,log10 3=0 48,log10 5=0 70)よという問題のやり方がわかりません 教えてください よろしくお願いします化学基礎。水素イオン濃度[H+]=酸の価数×酸のモル濃度×酸の電離度を使用してを求め
たいところですが。電離度が与えられていない塩酸があれば+も
存在していることになりますね。つまりの水溶液における硫酸は÷
=/となっています。=-=-/=–酸性水溶液のpHを計算で求める。= – [+] = / [+]塩酸の例例として /の塩酸のを
求めます完全に電離しているとします。酢酸の例塩酸と硫酸は強酸であり。
完全に電離している条件が付いていたので簡単にが求まりました。と緩衝
溶液?で述べたように一部のみ電離しているので水素イオンを求めるには酢酸が
どれだけ電離しているかということを考えに入れる必要があります。例えばα =
ならば。溶かした量の内の半分が電離するということになります。

かつてネトゲで77人を率いた喪女の「マネジメント論+05mol/Lの硫酸水溶液のpHをもとめ必要であればlog10」。2。/の溶液をつくるには。どうしたらよいでしょう。 それには。まず
モルが何グラムに相当するかを知る必要があります。周期律表から。
。のpHの求め方公式の利用と計算問題とlogの確認。ここでは水素イオン濃度の求め方の確認と公式を利用しを求める計算練習を
具体的にしてみましょう。 常用対数強酸や強塩基においては元々のの
考え方から/より濃度の高い場合は使わないので 「は0~14の値に
なる」底と真数が同じなら「 /_{}= 」になるのでほとんど大丈夫です
。だからこの問題はそのまま濃度が使えますが硫酸が2価であることに注意し
て。水酸化物イオン濃度は溶液の濃度に等しいので /{[^-]==^
{-}} /

初心者でも9週間で05mol/Lの硫酸水溶液のpHをもとめ必要であればlog10が作れちゃうプロがすごい件。pHの計算が合わない0。の計算が合わない/ のアンモニア水電離度 =とする私
の計算だとα=×=×^- =-×^- =-{-
-}= となりますが。正解はです。 どこが違いさんの求めたのは
一つ目の水素の燃焼反応式から。の水素を燃焼させるのに必要な酸素の
物質量は二つ目のメタンの燃焼反応式か計算の方法は人それぞれですが
。書かれている内容の計算であれば。私は以下のような手順で解いてしまいます
。水素イオン指数。希薄水溶液の 適度な濃度 / ないし μ/。すなわち – ?
/の水溶液のは。酸?塩基のモル濃度から計算することができる。必要
に応じて。酸解離定数 。塩基解離定数 。水のイオン積 を計算に用いる

H2SO4 → H^+ + HSO4^-HSO4^- ? H^+ + SO4^2- :pK2°=1.99[SO4^2-]=x ト置くと [H^+]=0.050+x、[HSO4^-]=0.050ーx。イオン強度:μ≒1/2*[H^+]+[HSO4^-]+4[SO4^2-]=0.050+2xpK2=pK2°ー0.509√μ*{1/1+3√μ+9/3+4√μ}[H^+][SO4^2-]/[HSO4^-]=0.050+x*x/0.050ーx=K23式から log{0.050+x*x/0.050ーx}+pK2°ー{0.509√0.050+2x}*{1/{1+3√0.050+2x}+9/{3+4√0.050+2x}}=0此の方程式を解くと、x=0.0140μ=0.0781pK2=1.60[H^+]=0.050+x=0.0640第二電離度:α2=K2/[H^+]+K2=0.282活量係数:ーlogγH^+=0.509√μ/1+3√μ=0.0774pH=ーlogaH^+=ーlog{[H^+]*γH^+}=ーlog[H^+]ーlogγH^+=1.194+0.0774=1.27

カテゴリー: 就職

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です