浦和リトルリーグ: 自分はシニア選手は全てのカテゴリーで。昨季からこの3選手に期待しています。自分はシニア選手は全てのカテゴリーでも大体認識していますがジュニア選手に関しては世界は勿論のこと日本のジュニア選手も全く知らないですの超具体的使用例。自分はシニア選手は全てのカテゴリーでも大体認識していますがジュニア選手に関しては世界は勿論のこと日本のジュニア選手も全く知らないです総数「1148」自分のABCDEFGH。自分はシニア選手は全てのカテゴリーでも大体認識していますが、ジュニア選手に関しては、世界は勿論のこと、日本のジュニア選手も全く知らないです (辛うじて佐藤駿選手だけは知っていました)

昨日(8/10)某アイスリンクに滑りに行ったところ、メインリンクで

フィギュアスケート選手のローカルな大会が開催されていました

隣の少し狭いサブリンクが使えたので、隣のメインリンクは気にしないで練習していたところ、
男子ジュニア5級以上SPの6分間練習の声援が凄かったので、自分はスケート靴を履いたまま立って観戦することに

その中で、目についたのは、鍵山優馬選手、佐藤駿選手、三浦佳生選手でした

鍵山優馬選手は柔らかい体の使い方で(特に上半身)ジュニアなのに、なんて綺麗な滑りだと感心させられました

佐藤駿選手の滑りも悪く無かったけど、鍵山選手程に柔らかい上半身の使い方では無かったように感じました
しかし??????は良かった 特に3Aの回転軸が細く真直ぐで羽生選手の3Aを思い起こさせられるという3Aでした

三浦佳生選手は冒頭の3Aがパンクしたため、得点は伸びなかったけど、全体的ににキレが有り、楽しみな選手に感じさせられました

以上、無知な故に先入観無しの自分の感想ですが

自分は、羽生選手、宇野選手、 その他のシニア選手達に続く選手はいないのではと、心配していましたが、この3人の演技を観て将来楽しみな選手達だなーと、嬉しくなりました
でも、世界的に見ると、どうなのでしょうか
ジュニア選手に詳しい方、この3選手の滑り(演技)をご存知な方教えてください

また全国的には他にもっと素晴らしいジュニア選手もいると思うし、日本男子ジュニア選手は
期待できますか 自分はシニア選手は全てのカテゴリーでも大体認識していますがジュニア選手に関しては世界は勿論のこと日本のジュニア選手も全く知らないですの画像をすべて見る。

1日30時間の勉強を半年続けた。Sportlandiaより「チャンピオン探し:アメリカのフィギュア。しかし最も人気のあるカテゴリー。女子シングルでは長洲未来が位。レイチェル
?フラットは位でした。この数字はアメリカ女子チームあるいは他の
アメリカ選手を抑え。世界の他の地域を粉砕してあらゆるタイトルを総なめに
した男子の中にはフィギュアスケートファンの注目を集めることが出来た
アスリートもいます。クワンはシニアデビューした年からただしこの
シーズン。世界ジュニアでも優勝しています。世界選手権で金メダル個。全英オープンについて。現在は選ばれたコースを順にローテーションしながら。開催しています。年に
度は聖地セント?アンドリュースにて開催しています。世界最古のゴルフの
オープン競技である全英オープンは。年にスコットランドの大都市
グラスゴーから約時間程の南日本からの航空機が到着するイギリスの玄関口
の都市から全英オープンの舞台を整理してみます。の車を入れない事で渋滞を
防ぎ。出場選手や大会関係者がスムーズに会場と宿泊箇所を移動する事を実現し
ています。

浦和リトルリーグ:。浦和シニア全国制覇とは兄弟関係です! 充実多数年初は。調神社で
必勝祈願。夏には浦和まつりでお神輿。楽しい夏合宿海水浴&&花火&親子
対決も!埼玉県さいたま市浦和リトル?シニア出身のプロ野球選手多数
試合では。チーム一丸となって戦うことが出来てよかったです。その結果。
このグラウンドで選手達が力を発揮して表現出来たかと思います。浦和
ジュニア?最新トピックス自分と向き合って考えてみようでも~。だって~
はダメだよ

昨季からこの3選手に期待しています。この3選手が、現在の日本ジュニア男子先頭を行っている、と言っても過言ではないと思っています。鍵山選手16歳高1は、今季でジュニア4季目です。JGPSに出てはいましたが、大技を持っておらず3Aも1本がやっとで安定せず、あまり目立っていなかったように思います。しかしジャンプの質は良く、スケーティングが綺麗で、体の動きが柔軟で美しく、大技さえ備われば、かなり上に行くだろうと思っていました。今季ついに、クワドと3Aを完全に装備しました。ジャンプの成長ペースとしては、羽生選手と同じくらいです。佐藤駿選手15歳高1、今季でジュニア3季目です。ノービスの頃からジャンプには定評があり、仙台出身であるため羽生2世と言われていました。しかし、ジャンプには定評がありましたが、スケーティングや表現がまだまだでした。3Aはノービスの頃から跳んでいましたし、ジュニアに上がった頃には安定して跳べていました。なんとジュニア1年目にFSの一番最後のジャンプに3Aを挑戦し成功させたことがあります!シニア選手でも難しいしかし、ジャンプ以外の面が不十分で、今までJGPSには1度も出場したことがありません。昨季から、クワドを成功させるようになりメキメキと頭角を現し始めました。今季ついに2クワド装備し、ジャンプ構成は羽生選手の17~18歳の頃と同じで、ジャンプの成長ペースは、羽生選手以上です。ジャンプ以外も以前よりかなり良くなってきています。三浦佳生選手14歳中2、今季ジュニア2季目です。3Aはノービスの頃から挑戦しており、ジュニア1年目の昨季からはFSで3Aを2本跳んでおり、クワドも成功させています。個人的には、2つ年上の良い先輩方の刺激を受け、一番成長するのではないか、と期待しています。しかし、まだ14歳と若く身長がこらから伸びる時期ですし、まだまだ今季来季は安定しないかもしれません。今季コーチを変えたのも気になります。全く詳しいわけではないですが、この3選手に昨季より注目しているためコメントさせていただきました。女子はまったく歯が立ちませんが、男子はいけると思います。ロシアのサムソノフだけ一歩抜けてますが、あとはどんぐりの背比べです。日本選手のJGPF2位、WJC2位の可能性だって十分あり得ます。言われているその3人のレベルは高く、同年齢時の宇野をはるかに超えていて、羽生をも越えています。ただしジュニアでも4Lzを跳ぶ時代で技術の進歩は早いです。鍵山は綺麗に滑りますが、父親が当時の日本人選手としてはレベルの高い選手でいわゆる2世選手ですね。小さい頃からスケーティングは厳しく指導されてるだろうと想像できます。すでに完成されている感じで反対に伸び代は3人の中では一番少ないかもしれません。特に大きな得点源となるのはジャンプで、そのジャンプが他の2人より劣るからです。壺井達也も鍵山に近いタイプかもしれませんね。佐藤は一番才能を感じます。ジャンプのセンスがすばらしいので日本のジュニアの中では世界に一番近いと思います。三浦は一番若いしすばらしい才能です。ですがよく分かりません。それは少し体格が大きすぎるのが気になるからです。14歳中学2年で164cmだと180cm近くになりそうで、将来大きくなったときにジャンプを安定して跳べるのかが謎だからです。ネイサン?チェンのように160cm台の選手がジャンプには明らかに有利だからです。カナダのステファン?ゴゴレフ昨年8月154cmが若くして4Lz跳びましたが、最近身長の急激な変化でジャンプが上手く跳べなくなっています。北京のあとはルールが変わり金メダル合計3つになると言われています。アーティスティック、フリー、総合フリーは小柄な選手が有利ですが、アーティスティック種目で大柄な選手も金メダルが取りやすくなります。

カテゴリー: age嬢

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です